読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記号の世界ゟ

このブログでは, 数学書などの書評を書きます。また、受験などの勉強法をまとめます。

高額のタブレットじゃなくてもノートはとれる

iPadなどのタブレットの使い方を解説した文章はたくさんありますが、ノートをとるなど勉強にどう役立つかということをまとめた文章はあまりないと思います。そこで、今回はタブレットを意外にも簡単にノートとして使えるということをお伝えしようと思います。

結論を先に言ってしまうと、大事なことは

タブレット、アプリ、タッチペンの相性

なのです。それでは詳しく説明していきますね。

タブレットでノートをとる楽しさを知ろう

そもそも、タブレット端末でノートがとれるの? 太いペンで文字なんて書けないよ... なんて思われる方が多いと思います。確かにその感覚は正しいのです。紙とタブレットではノートをとる上で大きな違いがあります。その違いを理解した上で、タブレットでノートをとるメリットを最大限に生かすことが重要になります。

タブレットでノートをとることのメリット
  1. 補助機能により、ノートを作る点では紙よりも格段に楽
  2. 拡大縮小してみることができる
  3. データなので管理が用意
タブレットでノートをとることのデメリット
  1. アプリを開いたりファイルを作る必要があるので、さっと少しメモしたいときには向かなない
  2. 理解が深まるひらめくなどの、書く動作がもたらす心理的作用が紙よりも少ない
  3. 字が汚くなる

タブレットでノートをとったことがない人は、その機能の素晴らしさをイメージできないと思います。色やペンの太さの変更、マーカーペンや万年筆に変更など基本的だけど重要な機能はもちろんあります。また、カット&ペーストも綺麗なノートを作る上では非常に役に立ちます。

書きやすさと言う点でも不安を持つ必要はありません。例えば、アプリGoodNotesではズーム機能というものがあり、書く場所を拡大してくれます。しかも、書く場所をずらしたり、改行を自動的にしてくれるため、左から右に書くことを繰り返すだけでスラスラノートをとることができます(言葉にしづらいので写真をみてください)。

 

f:id:tetobourbaki:20161129133013p:plain

上がノートです。下画面のズームされている部分に書いていきます。

 

f:id:tetobourbaki:20161129133018p:plain

端まで書いてしまっても、青い部分から書き始めることができます。上画面にも注目。

 

f:id:tetobourbaki:20161129133023p:plain

改行も上のこの写真の通り(伝わるかな?)

 

拡大縮小できるというのも当たり前のようで当たり前じゃないですよ。行間の小さいスペースにいくらでも文字が書けるので、pdfを読むときにたくさんメモすることができるのです。

管理が用意というのは言わずもがなですが、EvernoteDropboxを使えば、簡単に一元管理ができますね。

 

次にデメリットを見ていきましょう。メモを手で書きたいならタブレットは向いていません。ただ、紙に書くと紛失したり整理が難しいといったこともあるので、そんなときは素直にEvernoteを使いましょう。

僕は数学をやっているのですが、本で読んでも分からないことは自分の手で書いてみると(写すだけでも)、不思議と分かってくるということがあります。この感覚は数学者なら大体の人が持っているみたいですし、受験勉強などでこのような経験をしたことがある人が多いのではないかと思います。

残念ながら、タブレットで書いた場合だと、この現象が起こりにくい気がします。たんに慣れていないだけかもしれません。タブレットでノートをとることが普通になる世代では、もしかしたらタブレットでもこのような現象が起こるのかもしれないと考えています。

あと、紙で書くような字は書けません。これも練習次第かもしれません。

 

以上が紙とタブレットの違いです。知って欲しいことは、「タブレットだから書きにくい」ということはないということです。

 

ただし、タブレット、ペン、アプリしだいで使い心地は大きく違います。それでは、どのようなものを選べばいいのかを見ていきましょう。

オススメはiPad, Su-Pen, GoodNotes

f:id:tetobourbaki:20161129215647j:plain

タブレットでノートをとるとなると、高いタブレットタッチペンが必要だと思う人が多いのではないでしょうか。 そうではないというのが僕の結論です。特に大切なのはどんなアプリを使うかです。

ここで、ノートをとる上で必要な要素は

  • ペンを感知する
  • 手に反応しない

の二つです。これを踏まえて、購入するものを選んでください。

 

まず、格安タブレットでなければ、だいたい大丈夫だと思います(安すぎるものは分かりません)。僕はiPad Airを使っていますが, Appleタブレットならどれでも大丈夫だと思います。ただし、できるだけ軽い機種にしないと持ち運びが大変になるので注意。

ペンは100円のものでも使えないことはないです。ただ、保護フィルムを貼るとペンの感知が著しく鈍くなります。また、高いペンほど感知がよくなります。僕は始め1000円ぐらいのタッチペンを使っていましたが、少しだけ反応が悪いときがあったので、評判のいいSu-Penに変えました。Su-Penでは保護フィルムを貼っても全く問題なく反応します。

 

次に、手に反応しないための方法を見ていきます。手に反応しないようにする機能はパームリジェクション機能といいます。一番安易な方法は、ペンとタブレットが連動するものを使う方法です。

例えば、Apple PencilやJot Scriptといったペンが有名ですね。これらをBluetoothタブレットに認識させることで確実にパームリジェクションを行うことができます。ただし、こういったペンは高価であることが欠点です。また、電池式や充電式であり普通のペンより重いことも、メモをとる上では大きな欠点です。

それでは普通のペンでパームリジェクションをするにはどうしたらいいのでしょう。答えは簡単でアプリに頼ってしまいましょう。実は無料のメモアプリでもパームリジェクションの機能がついているものがあります。しかし、僕の環境ではうまく機能しませんでした。

そこで、上でも述べたGoodNotesを購入しました。画像を見てもらうと分かるのですが、ズーム機能で書く場合、下の灰色の部分が反応しないようにできているので、手を置いてもなんの困難もなく文字が書けるのです。

 

タブレットやペンにお金を使いがちですが、少し良いアプリを使うだけで格段に使いやすくなるので、皆さんも試してみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。少なくとも、僕が使っている、iPad Air, Su-Pen, GoodNotesの組み合わせで快適にノートがとれることは保証します。上で書いた考え方を使えば、自分にあった組み合わせを見つけることができると思います。