記号の世界ゟ

このブログでは, 数学書などの書評を書きます。また、受験などの勉強法をまとめます。

手帳初心者が1ヶ月続けて気がついたこと

使ったのはシステム手帳

 これまで予定は全て頭に入れていたのですが、手帳ってかっこいいな{・λ・}と思ったのでシステム手帳を買ってしまいました。(下の画像が使っている手帳です。) 実は手帳を使ったことはあるのですが、すぐに使わなくなることが多かったんです。持続するためにも、ある程度値段がするシステム手帳を選んだという面もありますね。

f:id:tetobourbaki:20161220203741j:plain

手帳に書いたことは忘れても良い、このことが手帳の一番の良さだと思います。予定は頭に入れておく習慣があったので、始めは手帳の使い方が分からなかったです。でも、最近は慣れてきましたね。

続けられないかなあと思ったのですが、ウィークリーページに一言日記をつけると意外にも続けることができています。ポイントは、書かない日があっても気にしないことです。

目標を書いておいて、達成するごとに線で消していく、これが手帳を使い始めて一番良かった点ですね。やるべきことが、一目で分かる。素晴らしい。

f:id:tetobourbaki:20161220203848j:plain

ウィークリーページは、右側が自由に書けるタイプのものを使っています。このページには、次の日やろうと思っていることを書いたりしています。実際にできたかどうかで反省もできます。右に日記を書いています。

気がついた改善点

1ヶ月システム手帳を使ってみて、いくつか改善点が見えてきました。

先の月のページはいらない

 もちろん予定を書くマンスリーページは必要なのです。しかし、毎日の予定や記録を書くウィークリーページは、先の週まで書くことはほとんどありません。ウィークリーページはかさばるので、2,3ヶ月分ぐらいを残してそれ以降は取り外しました。入れ替える必要があるため、面倒になるとできないかもしれませんね。抜いた分メモページを入れることができました。

目標は細かく書く

やるべき事や目標は細かく書きましょう。そうしないと達成できたか分からないです。また、目標を書き込んだときに、達成するための計画も考えることが大事だと思いました。全体像をみて、いつ何をやるべきか、細かく書き込んでおくといいでしょう。やり遂げられる計画が立てられないのならば、きっとその目標は今はできないということが分かります。

イデアを書きまくる

始めは予定を書くことばかり考えていました。しかし、手帳の良さは「常に手元にある」ことや「パッと見返すことができる」ことだと思います。つまり、ちょっとしたことでも書くことができますし、いつでも見返すことができます。

予定がわかった時点で書き込む

手帳初心者の僕はこれが一番できていない気がします。予定が決まってから3日後くらいに書いたりしてます。多分まだ習慣になっていないだけなので、予定→すぐに書く、この条件反射を身につけることが次の目標です。

なんと言っても毎日見る

せっかく書き込んだ予定も見なければ意味がありません。「そういえば、これ昨日する予定だった」みたいなことが何度もありました。それに、手帳を見たら何か書こうという気にもなります。

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございます。

できれば、他の記事も読んでくださると嬉しいです。

 

読者募集中です!! 気に入ってくださった方はクリック{・λ・}

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑